司法書士 難易度

司法書士 難易度

実績・人気ともにNo.1の教材です。

司法書士 難易度

 

 

司法書士は数ある国家資格の中で、最も難易度が高い国家資格と言えます。

 

司法書士の合格率は毎年、3%前後です。

 

 

〜過去5年の合格率〜

 

平成19年*3.4% (合格者数919人)

 

平成20年*3. 4% ( 〃  931人)

 

平成21年*3.4% ( 〃  921人)

 

平成22年*3.5% ( 〃  948人)

 

平成23年*3.4% ( 〃  879人)

 

 

上記を見ても分かる通り、司法書士の合格率は3%前後。

 

3%というリアルな数字によって、難易度が高いと考えられています。

 

しかしこれは、合格率を概ね3%前後に推移しているためです。

 

司法書士の試験は、筆記試験と口述試験で構成されています。

 

筆記試験で合否が決まると言っても過言ではありません。

 

難易度は高いですが、3%という合格率を気にせず試験対策を行っていれば、

 

合格の可能性はあります。

 

 

⇒ 資格 平成の資格王 試験最短合格勉強法

 

資格取得

 

資格取得マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 資格取得 総合ランキング

 

資格取得 人気ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位