宅地建物取引主任者 難易度

宅地建物取引主任者 難易度

実績・人気ともにNo.1の教材です。

宅地建物取引主任者 難易度

 

 

宅地建物取引主任者資格は、国家資格の中でも
大規模とされています。

 

その合格率は15%〜17%とされています。この合格率は
定められているため、合格率の変動は見られません。

 

数で表すと、受験者数20万人に対し、合格するのは2万人程度です。

 

数字で見ると、宅地建物取引主任者の難易度は高いように感じます。

 

実際、数ある国家資格の中でも宅地建物取引主任者資格は難易度が
高いとも言われています。

 

しかし、宅地建物取引主任者試験は50点満点中、35点前後(約7割)の回答率で

 

合格できるとされています。

 

合格者数を見ると、難易度が高いように感じますが、試験内容と点数を考えれば、

 

そこまで難易度が高くないことが見て取れます。難易度が低いとまでは言いませんが、

 

他の国家資格と比較すると、難易度は中レベルと言えます。

 

 

 

⇒ 1日わずか30分宅建合格プログラム

 

宅建

 

資格取得マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 資格取得 総合ランキング

 

資格取得 人気ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位